ととの青春

“青春”がしたい。それを大人になっても実現出来ることを証明します。

本もあまり読まない僕が【小説を書きたい】そう思ったのでとりあえずブログで書いてみた。

 

こんにちは。30歳で、青春したいとおるです。

 

僕世代の人なら分かるかな?

 

携帯小説』って流行りませんでしたか?

 

『恋空』とか『赤い糸』だとか、、。

書籍化されて、映画化もして。

 

自分でも持っている携帯から、小説を書いて、大ヒット。羨ましいとか思ったり。

 

携帯小説にハマった人は一度は

『小説自分も書きたいな』と思ったはず。

 

僕は思いました。

 

なのでブログにて

小説書いてみました。

 

今回は、書いてみた結果どうだっだかの感想を書きます。

 

 

【実際に書こうと思ったきっかけ

僕はブログを書き始めて、約1ヶ月です。

全然書けていません。

 

いや、書いてはいるのです。下書きにいっぱい溜まってます。

 

でも、自分に自信がなかったり、自分の納得するものが書けなかったりと、全然投稿出来ませんでした。

 

しかし、先日ブログビレッジというオンラインサロンでの集まりがあり参加して、その考えが変わりました。

 

ブログビレッジでは、ブログで成功してる方の話が沢山聞けました。

 

その中で印象に残ったのは

『あなたのブログは誰も見ていないからどんとん出せ』

と言う言葉。

 

確かに。

 

誰も見てない。

 

だから、とりあえず

『自分の欲』のために小説を書いてみました。

 

 

 

【小説書くの楽しい】

小説楽しいです。

 

だって、小説ってある意味『妄想』だから。

『妄想』ってめっちゃ楽しくないですか?

 

僕は、中学校とか高校の帰り道

ひとりで帰るときは、妄想ばかりしてました(笑)

 

スラムダンクの湘北に入ったらどうなるかな?とか、ワンピースで何の悪魔の実食べるかな?とか、、

 

危ないやつですね。

 

でも、妄想は自由だからめっちゃ面白いんです。自分をめっちゃバスケ上手くできるし、格闘ちょー強く出来るし。

 

今回の小説は、それを元に

自分の妄想を小説にしちゃえと書いてみました。

 

そしたらめっちゃ楽しい。

 

本を出したいとか沢山の人に読んでほしいとかが目標じゃないから、本当に好き勝手に書ける。好き勝手書くと楽しい。

 

 

【まとめ】

小説書くのめっちゃ楽しいです。

多分これからも少しずつ書きます。

妄想たくさんします。