ととの青春

30歳を超えても変わりたい。月収16万でもまだまだ人生終わりじゃない!色んな挑戦していくブログ

【漫画】コタツにみたいにポカポカ幸せになれる【うさぎドロップ】

 

“あったかい”って好き。

コーヒーも、こたつも、人も。

 

マンガも、ドラマも、温かい話が好き。

熱いのも好きだけど、温かくなりたい。

ドラマだと“アットホームダッド”とか好きだったなぁ。

 

今心が少し寂しい人へ。

この漫画はあったかいコーヒーみたいだから読んでみて。ポカポカするから。

 

 

 

俺んち来るか

30歳独身の主人公ダイキチ。まずこの人がかっこいい。男として、大人として、人としてかっこいい。大人って勝手。自分のことばかり考えてる。そうじゃないのがダイキチだ。

 

ある日ダイキチのおじいさんが亡くなった。ダイキチがお葬式に来ると、そこには知らない小さな女の子が。

f:id:totodayo:20180221183148j:image

その子の名前は「りん」。ダイキチは自分の母に詳細を尋ねる。なんとりんは、おじいさんの“隠し子”だそうだ。

 

りんはお葬式のあいだ、誰とも話さず、庭でぼーっとしているか、あやとりしてるか、なぜかダイキチについてくるだけ。(ダイキチがおじいちゃんの顔にそっくりだからだった)

 

お葬式が終わり、おじいさんがいなくなった今、りんを誰が育てるか親戚で話し合いになった。

 

しかしその話し合いは“大人の都合”だらけ。

りんのことを考えていない。『うちは○○があるから無理』。りんの目の前でツンツンした大人たちの会話。

もともと話し合いのゴールは決まってる。ダイキチはモヤモヤしていた。

 

誰かが『施設を探さなくちゃ・・』といい始めたとき、ダイキチは動いた。

 

『りんはあんたたちよりはきちんとした大人に育つよ』

 

『りん。こんなところ子どもがいるところじゃねぇぞ』

そして、

『俺んち、来るかぁ』

f:id:totodayo:20180221183211j:image

そこから突然、三十路独身、子ども嫌い。そんなダイキチが、6歳の女の子と過ごすことになった。

 

 

 

 突然子どもと過ごすことになったら?想像してみて

りんと突然過ごすことになったダイキチ。

 

そこから子どもと突然住んだらやらなくちゃいけないことが、めっちゃリアルに描かれてる。そこでドタバタしながら、2人で乗り越えてくのがめっちゃいい。

 

①服探し

服を買いに出掛けたふたり。けど『どんな服買えばいいんだ?』当たり前のように降ってきた疑問。サイズってどうやって選べばいい?近くにいた親子を見ながらギクシャク真似するダイキチ。

服を買うだけでドキドキ。

 

②保育園探し

ダイキチは全く保育園のことを考えてなかった。突然大きな壁として現れた“保育園”。

保育園ってどうやって選べばいいんだ?すぐ入れるのか?これまたバタバタ。

 

でもこの保育園選びでも自分ではなく、りんのことを一番に考える。りんのために一番いい保育園はどこだ?

 

 

③おねしょ問題

突然おねしよを毎日するようになったりん。原因はなに?突然他の家に住むことになったストレス?なんだ?悩むダイキチ。

だけどこれがきっかけで、りんのことをより深く考え、2人の距離は近づく。

 

 

松山ケンイチ主演で映画化も!

うさぎドロップは大ヒット漫画。アニメ化も映画化もされている。

映画もこれまたあったかいんだぁ。

 

 

子どもが好きになる。

この漫画をきっかけにより子どもが好きになったなぁ。「もし自分に子どもが出来たら」って、真剣に考えるきっかけになった。

てかこれがきっかけで、保育園の先生になった!子ども好きって再確認出来て、子どもと関わりたいと思って、保育士の資格ないけど、本気で動いてなれた!

 

そんくらい子どもに対して本気で考える本です。

 

 

少し読んでみる▽