ととの青春

“青春”がしたいと、高校デビュー大学デビューならぬ、三十路デビューしました(笑)みんなもこれから青春しませんか?

初イベントで気付いた『みんなが集まればそれだけで最高』

 

初めてイベントを開催した!

イベントっていっても、15人の人が集まってくれた小さいもの。周りからみたら、ただの飲み会。でもおれにとって、大切な友達が楽しい時間を過ごしてもらいたいと思った重要な初イベントだった。

 

【イベントをやるきっかけ・想い】

f:id:totodayo:20170815212239j:image

イベントの内容は

『ゆきのちゃんとホームレス小谷さんのオーストラリアのお土産話を聞く会』

 

ゆきのちゃんという、今年2月からオーストラリアに住んでいるアーティストが、一時帰国してて、オーストラリアで奇跡的な出逢いがたくさんしてるのをFacebookでみてたから、お土産話を聞きたかった!

 

あとゆきのちゃんが久々の日本を楽しんで欲しかった!

ということでイベントをやろうと思ったのである!

 

だって、友達が喜んだら最高やん!

 

 

 

【ゆきのちゃんとの出逢いがおもろい!】

f:id:totodayo:20170815192826j:image

《出逢って数十秒で一緒に写真撮る》

大切な友達というのがゆきのちゃん。ゆきのちゃんは友達!と堂々と言えるけど、でも会ったことあるのは、実はまだ4回くらい。

 

でも会うときが、不思議な縁だったり、面白い繋がりだったり、ゆきのちゃん自身が面白い人っていうのもあって、すぐに距離が縮まった気がする。

 

最初の出逢いがおもろい!

おれがたくさんの写真でモザイクアートを作ろうと思ったときに、『モザイクアートのための写真のために10000万人と写真撮ろう!』と始めた日、場所は、キンコン西野さんの個展から始めたのね!(←いきなり話口調)

 

個展に来てた人にドキドキしながらも、『モザイクアートを作ってるんです!一緒に写真撮ってくれませんか?』とみんなに話し掛けてたら、、、

もうお分かりでしょう!そん中にゆきのちゃんがいたのです!

 

でも、そんときは自己紹介もせず、写真だけお願いしただけだから、ゆきのちゃんをゆきのちゃんと知らないままその日は終わり。

ちなみにそんときの写真。

f:id:totodayo:20170815192659j:image

(ルビッチ配りながら、突然写真撮ってお願いするって変な奴や)

でも超偶然が重なって、この日写真撮るっておもろい!そういえば、この日大好きなネジさんとの出会えたの日でもあった!奇跡の日だなぁ。

 

 

 

《なんと再会はまさかのおれの地元!》 

f:id:totodayo:20170815213823j:image

そんな偶然の出逢いから、数日後Facebookであのときの!みたいな感じで繋がった。

そこから特にやりとりするわけじゃなく、Facebookで友達になっただけ。

 

ある日、きょきょ(彼女)と次の休みのデートの内容を考えてた。

『次の日曜日何しようかなー』

『お金ないなぁ

『んじゃ1000円デートしよう!』

ということになった。

 

1000円デートってなかなか難しい!全然見つからない!!!

 

と、思っていたとき偶然Facebookでゆきのちゃんがの『KENPOKUART(ケンポクアート)って面白い!』という記事を見つけた。場所もなんと茨城!(あ、僕は茨城出身です)

 

調べたら値段も入場料700円!1000円デート出来るやん!と速攻決定。

そして日曜日に行ってみたら、ゆきのちゃんと再会!まさかいるとは思わなかった!

 

東京で偶然会って写真撮って、そんときは名前も教えあってないのに、しかも待ち合わせとかしたわけじゃないのに茨城で再会!すごくない!?

(ちなみにケンポクアート最高でした!color.inkマジで最高!700円でなく5000円払いたかった!)

 

 

《繋がりもビックリ!》

f:id:totodayo:20170815214949j:image

ゆきのちゃんと再会した時期に、天才万博のオフ会の幹事を一緒にやろうって誘われた。

天才万博は日程的に行けないから、断ろうと思っていたけど、なんかオフ会だけのために幹事するっておもろいと思ってやってみた!

 

結果オフ会幹事メンバーはめっちゃいい人ばかりで、今では大切な人ばかり。めっちゃ大好きになった!

 

そしたらビックラポン!(←くら寿司さんおかりします)。大好きな幹事メンバーとゆきのちゃんはめっちゃ仲良し!大好きな人と大好きな人がちゃんと繋がってた!これもまたすごいなぁ。

 

 

【そんなゆきのちゃんがオーストラリアへ】

ゆきのちゃんがなんとオーストラリアへ!オーストラリアで個展を開くってオーストラリアへ出発した!

 

おもろいのはゆきのちゃんは、英語も話せないし、別にオーストラリアに知り合いがいるわけじゃない。しかも、今はアーティストだけど、そのときはアーティストではないから作品もなければ、もちろん日本で個展経験なし。

 

でも、オーストラリアに旅立っちゃう!おもろいでしょ!最高でしょ!

結果!約3ヶ月後本当に個展をやってしまった!

 

それまでの過程で、奇跡起きまくり!それをFacebookで見ててめっちゃ面白かった!

 

ゆきのちゃんが日本に一時帰国するって聞いて、その面白い話を直接聞きたい!って思った!

あともっとたくさんの人に聞いて欲しいし、ゆきのちゃんとたくさんの人が出逢って欲しいし、偶然その日小谷さん買えたし、じゃあイベント開こう!と開いてみた!

 

 

【イベントは大好きなぺーたーずで】

f:id:totodayo:20170815223328j:image

イベントってどこでやろうと考えた、、いや、、一瞬も悩まなかった!東京でやるとしたらぺーたーずに決まってる!ということで、阿佐ヶ谷にあるぺーたーずのしみさんに連絡!

 

ぺーたーずは大好きすぎるカフェ&バー!なんだろな。やってるぺーたーずの4人が最高で、その人たちに会いにみんながやってくるみんなの集合場所!ひみつきち!みんなも行ってみて!ぺーたーずで検索や!

 

 

【最初は8人】

最初は8人集められればいいやと思ってた。正直うまくいくか分からなかったし、おれ根っこはは人見知りだし(゜o゜;)!

 

ゆるーくFacebookで人集めし出した。そしたら、初めはあまり反応がなかった。たぶん熱量が伝わんなかったんだと思う。

 

ゆきのちゃんに『8人で予約したよー』っ連絡したら、『8人過ぎてもいいよー!わたし立って話すし!』と返ってきた。

 

そんなん言われたら人集めたくなるよね!

8人以上集めたくなった!

 

 

【結果15人!しかも最高の人たち】

f:id:totodayo:20170815224626j:image

もう最高です!たくさんの人が集まってくれた!来てくれたみんな大好きすぎる!

 

初めましての人もいた。けどね、俺が話してるのをねみんな本当に真剣に聞いてくれた。それがめっちゃ嬉しかった。

 

人前で話すのが本当に苦手。小学生のとき、日直の日みんなの前で話すのが嫌すぎて泣いてた。歌の発表の授業の日なんて、ズル休みしてたもん。

 

そんな人前で話すのが苦手で、しゃべりが下手なおれの話をめっちゃちゃんと聞いてくれた。本当にありがとうございます。

 

 

【色々あったけど結果は大成功】

f:id:totodayo:20170815230830j:image

最終的に人数把握が出来てなくて、バタバタしたり、ゆきのちゃんが話やすい環境がうまく作れなかったりしたけど、

 

最終的に、小谷さんが盛り上げてくれたり、ゆきのちゃんの話がめっちゃ面白かったり、だんだんとゆるーくいい感じになり、大成功。

 

色々勉強になったけど、みんなが大成功って言ってくれた!だから大成功なのだ!

 

 

【結局はみんなが最高だった】

みんな楽しめたかなとめっちゃ不安になってたけど、みんな『楽しかった!』『ありがとう』って言ってくれた。

 

とりあえず『こういうところが良かったよ!』と悪いところじゃなく、良いところを誉めてくれた。泣きそうになるやん。

 

主役のゆきのちゃんも『大成功!』って言ってくれた!『日本に帰ってきてよかった!』って言ってくれた!

 

みんなが最高やん!

 

 

【イベントはみんなが集まる場所を作ることが大切だった】

f:id:totodayo:20170815230737j:image

今回思ったのは、みんなが集まれたことが一番イベントの大成功のところだと思う。

みんな『みんなが集まるきっかけを作ってくれてありがとう』って言ってくれた。

 

そっか。みんなが集まればそれだけでも最高だ。始まる前は色々みんなを楽しませなくちゃとかドキドキしてたけど、集まった時点でもう成功決定だったんだ。

 

今回ももちろん楽しかったけど、次なにかやるときはもっと、人を集めてみたい。人と人が出逢うのを見るのが楽しい。

 

 

【最後に】

本当に楽しかった。一番楽しんでしかったゆきのちゃんが笑ってたし、こういうイベントに初めて参加した塾の同僚の弓野先生も楽しんでくれた。

 

そんな姿がみれて、本当によかった。

 

でもこんな幸せな気持ちになれたのは来てくれたあなたのおかげたし、場所を提供してくれて、突然のいろんな変更も対応してくれたぺーたーず、盛り上げてくれた小谷さん。

 

本当にみんなのおかげ。ありがとうございました。