ととの青春

“青春”がしたいと、高校デビュー大学デビューならぬ、三十路デビューしました(笑)みんなもこれから青春しませんか?

年の差11歳カップルの日常【お金は割り勘!?】

 

どうもこんちわ!とおるです!

 

僕には11歳年下の“きょきょ”と付き合っています。

f:id:totodayo:20170521112311j:image

 

皆さん付き合ったときって、お金どうしてますか?

男が全部払う?割り勘?

 

僕らはどうかというと、11歳も離れているから僕が全部払っていると思ったら大間違い!(笑)

割り勘してます(笑)

 

はいそこ!せこいとか言わない!(笑)

きょきょが奢ってもらうの苦手っていうから!(←言い訳)

 

でも結果、割り勘は良いことが多い!

割り勘のおかげで色々楽しんでます!

 

 

【0円デート?1000円デート?】

f:id:totodayo:20170521113428j:image

きょきょはバイトもしてないときもあったので、お金がありません(笑)

んでお金も割り勘だから、必然的にお金を使うデートが出来ません。

 

そのとき生まれたのが、『0円デート』や『1000円デート』。

 

いかにお金を使わずに、デートを楽しめるか2人で作戦会議します。

その会議自体が楽しい(笑)

 

きょきょ『ご飯はお弁当作る!』

とおる「お!ご飯代が浮いた!」

きょ『移動は車だから、移動費は0!』

と「(ガソリン代は無視なんやな)そうだね!」

きょ『んでどこいく?』

と「千波湖は?(水戸にある湖)」

きょ『おお!天気が良いと最高だ!ピクニック!』

てな感じで、0円デートは決まっていきます(笑)

 

 

【1000円デートは掘り出し物が見つかる】

f:id:totodayo:20170521113816j:image

 0円デートは置いといて(笑)、1000円デートはオススメ出来る!

 

1000円でめっちゃ楽しみたいから、いつもよりリサーチする!安くて面白いところを探すアンテナがすごいから、いつもなら反応しないところに反応することがある。

その中で掘り出し物が見つかることがある。

茨城県の“KENPOKUART”がその例だ。

 

僕たちは1000円で楽しめるところを探していた。僕のアンテナも全力で探し当てようとしていた。

すると、Facebookのタイムラインに『茨城県で、、、』という文字を見つけた。

 

1000円デート、もちろん電車代も含む(ガソリン代は含まない)。だから、茨城県で楽しむしかない。アンテナビンビンの僕は“茨城”という文字を見つけたら速攻チェックしていた。

 

するとそこには『KENPOKUART』というイベントの紹介が書いてあった。もっと詳しく見てみると、只石快歩さんの名前が!

 

只石さんとは、西野亮廣さんのほとんどのイベントの会場作りを担当している。みんなが幸せになる空間を作る天才だ。

 

入場料をみるとなんと『700円』!

1000円デート出来る!むしろ300円余る!

 

結果、KENPOKUARTは大当たり。冗談抜きで今年もあるなら、5000円払ってでも行きたい。

 

きっと1000円デートをするためのアンテナが張ってなければ、反応しなかったと思う。KENPOKUARTに出逢うことはなかった。

f:id:totodayo:20170521115950j:image

f:id:totodayo:20170521120010j:image

f:id:totodayo:20170521120105j:image

 

 

【割り勘は感謝が増える

1000円デートや0円デートのように、結果デートを楽しくなってる。それも、うちらがずっと仲がいい秘訣のひとつだと思う。

 

また割り勘は、お互いに感謝出来る。どういう意味かというと、割り勘と言ってももちろんきっちり半分こではない。(さすがに僕が少し多め。少しだけ。)

もちろん全部払うこともある。払ってもらうこともある。

 

普段割り勘だと、そのときの感謝が大きくなる。そして、次なんかお返ししたいなぁって思う。

 

 

【結果】

割り勘は 長続きする秘訣である。

(↑無理やり感ハンパない)