ととの青春

“青春”がしたいと、高校デビュー大学デビューならぬ、三十路デビューしました(笑)みんなもこれから青春しませんか?

“やる気が出ない”この動画を観ると絶対やる気出ます。

 

青春を探して30年。

こんにちは。とおるです。

 

『やる気が出ない』

僕はいつもこれと戦ってます。

 

頭ではやらなくてはいけないことたくさんあるけど、どうしても気持ちが付いていかない。

 

悩みます。

 

勉強をしなくちゃいけないのに、YouTubeを見ていたら、偶然こんな動画を見つけました。

 

動画を観たあとは、モチベーション上がりまくり!

 

とりあえず毎日、自分に成長をプレゼントをしようと思えるようになりました。

 

おっと、これは動画を見ないとイマイチ伝わらないですよね。ということで、モチベーションを上げてくれる動画はコチラ。

 

 

 

そう!武井壮さんの授業です。

武井壮さんは、毎日一時間知らないことを調べる、毎日一時間トレーニングをする。

 

それを自分へのプレゼントにしてます。

昨日の自分より、今日の自分が成長出来るように。

 

 

なぜ、そう思えたか。

 

 

武井壮さんは、陸上競技十種競技で、陸上を本格的に初めて、日本チャンピオンになっています。

 

でも、チャンピオンになって感じたものは、陸上競技の価値の低さ。

 

日本チャンピオンになっても、次の日誰にも気付かれない。誰にも話しかけられない。

 

今の陸上競技の価値を分かりやすく数字化します。

 

陸上競技は、約25種目あり、それが男女あるので、全部で50種目。

 

日本の陸上の最高峰の試合の陸上日本選手権は、各種目に50人のトップアスリートが出場します。

 

ということは

陸上日本選手権には、2500人のトップアスリートが出てることになります。

 

それを、旧国立競技場でやるとすると、約50000人のお客さんが入るとします。

 

 

 

となると、トップアスリート1人あたり何人のお客さんを呼べれば、国立競技場は満席になるのでしょうか?

 

 

 

 

答えは、1人あたり20人。

 

 

トップアスリートが、家族を含めてもいいから、20人のお客さんを呼べれば、陸上の日本選手権は満席になります。

 

 

 

 

でも実際はどのくらいお客さんが入っているかというと、10000人程度。

 

超一流のトップアスリートたちが1人あたり20人も呼ぶことが出来ないのです。それが陸上競技の現状です。

 

武井壮さんは、このことに日本チャンピオンになってから、知りました。

 

 

陸上のあとに、沢山のお笑い芸人やアーティストに会い、たくさんの人を笑顔にさせることが出来るのを見て、あることに気付きました。

 

それは

価値とは、喜ぶ人の数だと。

 

そこから武井壮さんは、家をなくし、夜な夜な芸人さんが集まるバーへ通い詰め、彼らのトーク術を学びました。知らないことを勉強しました。

 

そして、皆さんご存知の通り、武井壮さんは今、何百万、何千万の人を喜ばせています。

 

これだけ努力して、人気者になった武井壮さんですが、今でも、毎日一時間知らないことを勉強する、毎日一時間トレーニングをすることを自分にプレゼントしています。

 

 

もうそんな話を聞いたら、やるっきゃないと思えます。

僕もこの動画観てから、毎日一時間、、とはいかなくても、昨日の自分より成長しようと勉強し始めました。

 

昨日の自分より成長する。

 

これは、モチベーションを上げる考えとしてめちゃくちゃいいと思いました。

 

僕のこの記事より、武井壮さんの口から聞いた方がモチベーション上がるので、動画チェックしてみてください。